過去ログ
区切り線

9.24 毒ガス?!

最後に食べたのが二年位前なので、えーそんな匂いだったかなあと驚いたんですけど。 ドリアンの匂いをガス漏れと間違えて住民が119番に通報したという広島のニュース。
ドリアンすげー!そうか〜。そんなに強烈な匂いだったのか。記憶がかすんで…。 原因は食べた後の皮だったらしいんですけど、ご本人はこんな騒ぎになって びっくりしただろうなあとか、きっとドリアン好きな人なのねとか、 色々考えてると頬が緩んでほのぼのしてきました。
最近は、朝から暗い気持ちになるニュースが多かったので、 こういう和み系の話にホッとします。 ドリアン食べる時には、換気や皮の後始末にも注意しなければいけないですね。
買い物は大体一週間毎にまとめ買いします。 これが憂鬱なんです。
地元の野菜を売っているお店と大型スーパーに 行くんですけど、大量になるから疲れる。 なので冷蔵庫の中がスカスカしてくるとブルーになったりして。
戦闘体制を整える!みたいな気持ちで昼食を早めにとって出かけました。 朝から生地をこねてピザを焼きました。
こねてると小麦粉がどんどん変化していくのがわかります。 小麦のいい香り。今日は発酵もバッチリでした。 手捏ねパンにはまってしまう人の気持ちわかるな〜。
ピーマン大好き!

9.20 秋の味覚

以前から東北・北陸を中心に食用とされていたにもかかわらず、 2004年に急性脳症の発症者が出て、現在までに20名の死亡者が報告されているスギヒラタケ。 これ、なんか不思議というか不気味。
昨日の新聞にはマウスを使った実験で筋細胞を破壊することが確認されたらしく、 果たしてスギヒラタケは元々毒きのこだったのか、 環境の変化によって毒を持つようになったのか。 森に生えているきのこって、森の浄化やバランスをとるために重要な役割をしているわけだから、 深刻な環境の変化があったら影響があるのも当然かも知れませんね。
そもそも菌類自体がよくわからない部分も多い生物なので、 自生しているものを食べる場合は注意しないといけないなあ、と思いました。
スギヒラタケ、画像で見ると真っ白でホント美味しそうなんですけど。
とは言うものの、やっぱり食欲の秋なわけで。
昼食を家でとる時も、もうそうめんは終わり〜。
なんか甘いものが食べたかったのでフレンチトーストにしました。 私は卵液をたっぷり沁み込ませてから焼きます。
プニプニで美味しいー。でもカロリーは絶対めちゃ高いと思います。 夕食には小鯵の南蛮漬けを作ったんですけど、 作り始めは「いっぱい食べよう!」と思ってたのに (お肉より魚のほうが好きなので)、 お魚、野菜を揚げて漬け汁に入れ終わったら、 もう…なんだか、ウプッ。
お腹いっぱいな気分になってました。
玉子って偉大だと思うんです。玉子様

9.18 台風

昨夜は強い風の音で何度か目が覚めてしまいました。
突風は怖いですね。対策のしようがないし。
録画してほったらかしだった「運命の女」を見ました。
正直言って猛烈に、つ、つ、つまようじだった。 物語の展開に説得力がなさすぎ。心理描写も中途半端。
「そろそろどんでん返しがあるのかも」と思い最後まで見てしまった。 私の二時間を返せー!!タイトル大げさすぎよー。
その後に見た「私は『うつ依存症』の女」。 こちらは面白かったです。
主演のクリスティーナ・リッチって横顔がいいんですよね。 やはりあの、「オデコ」が魅力なのでしょうか。
自らも問題を抱え、人生に満足していない母親役にジェシカ・ラング。 テーマがテーマだけに、怒鳴りあい大声で泣くシーンも多いのだけど、 二人の演技が的確なので、苛立ちを感じながらも鬱々とした哀しみの渦に 巻き込まれてしまいます。 精神分析医役にアン・ヘッシュというキャストで好きな女優さんばかりなので、 少し見方が甘くなってるかもしれないけど。
「愛してる」と言う恋人に「(こんな私なのに)なぜ?」と問い返す表情が、 とってもいいんです。いい女優さんになったなあ〜としみじみ思う。
子役として活躍していても、大人になって新たな魅力を見せてくれる 役者さんって日本にはあまりいませんね。何故だろう?
物語自体は見る人の立場によって色々な見方ができるかも。 原作はベストセラーにもなったエリザベス・ワーツェルの自伝。 原題は「Prozac Nation」。プロザックはアメリカ国内で処方されている抗鬱剤です。
うつ病どうこうは関係なく、待ってても人生は何も持ってきてくれないし、 結局「自分」ってことなんすよね、とソフトさきいかを 食べながら思ったのであります。

9.10 野性

朝はいい天気だったのでお布団を干そうと思ったのですが、 なんか野性の勘がヤバイよヤバイよと言うのでやめておきました。 お昼過ぎに物凄い夕立が。バケツをひっくり返したみたいでした。
野性と言えばいつも思い出すんですけど、巷で野良アライグマが問題になってるでしょ。 もうね、あれは愛玩できるものじゃないですから。ほんっとに。
腹部外傷を負ったアライグマを捕まえなくてはいけなかったんです。 レントゲン室に逃げ込んだところを取り押さえようとしたその時、 私を振り返ったその目には、100パーセントの殺意が漲ってましたよ。うふ。
あんなにはっきり「ヤベ。殺される」と感じたことはないですねー。 小さい頃は可愛いし、それなりに人懐こいので飼いたくなる気持ちはわかりますけど。 成獣になったらとても「飼育」できるものじゃないっす。 アライグマも哀れだし、いいかげん国も規制したらいいのに。
以前は近くに美味しいたこ焼き屋さんがあって おやつに買いに行くのを楽しみにしてたのに、なくなってしまい残念。 越して来た途端になんてヒドイ。
台所でゴソゴソしてる人がいるので見に行くと、「まだダメッ」と 追い返されてしまいました。なんだろー?オリジナル創作料理はやめてねー。 と思っていたら、たこ焼き器をわざわざ買ってきたみたい。 結構上手にできたね。味もなかなかよろしいですわよ。
また作ってね、と言いながらお皿を流しに持って行ったら、 台所が地獄の入り口みたいになってました。ギャーーー!
明石焼きも美味しいですよね〜
区切り線終わり
戻ります もっと前
HOMEに戻ります